病気になりにくい健康体でいる為の基本的な習慣づくり【体温を上げると健康になる】

体温の重要性

私達人間が日常生活している時、気温が高いと体力が奪われ、気温が低いと体が固まって動きづらくなるといったことはないでしょうか。結局、暑くもなく、寒くもなく、という程々の気温がいいですよね。人間の細胞も似たようなもので、免疫力が一番発揮出来る適正体温があります。

健康な人の平熱は、36.8度 +- 0.34度。つまり、36.5度~37.1度の間が健康体の体温です。

体温が一度下がると、免疫力は30%も低くなります。バイ菌やウイルスから体を守れなくなったり、免疫の誤作動によって自分自身の免疫が自分の体組織を破壊して病気を引き起こしたりします。

免疫力を維持し、健康を保つには一定の体温を保つことが重要です。

体温維持、上昇の習慣

では、低体温の人が体温を挙げる、または、健康体の体温を維持する方法としては、以下があげられています。

ストレスの少ない生活

ストレスは自律神経のバランスを崩ずし、体温の調節能力を低下させるので、ストレス軽減、または発散させる。

トレーニング

人間の体温をあげるには基礎代謝をあげることです。基礎代謝は何もせずに体のエネルギーを消費するもので、この消費する時に熱を発生させるからです。基礎代謝をあげるには運動が有効です。運動は「有酸素運動」「無酸素運動」の2種類があり、「ウォーキング」「ジョギング」「スロートレーニング」が有効です。

体を直接温める

睡眠時、体温が低下するので、毛布などを使用する。
睡眠前、風呂に入り、湯船に浸る。
白湯を飲んで、内臓を直接温める。
低体温の人は、免疫力が弱いので、初めから激しいトレーニングは控え、全身のストレッチから初めてはどうでしょう。

齋藤真嗣氏以外では石原結實氏の著書もあり、内容は似たようなものになっている。

「体を温めて寝なさい」「風呂は湯船につかりなさい」等、子供の頃から言われていた体を温めるという言説に一応医者が裏付けた形だ。

「体温が一度あがると、免疫力が5倍~6倍」等、根拠に乏しいところがあるものの、特に薬を使ったやり方ではなく、普段の生活習慣の見直しで簡単に出来るものだ。もし、貴方が低体温で病気になりがちなら、体温をあげる習慣を一度試してみては如何だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です