柔軟な発想が生まれる環境の作り方【頭のよい子が育つ家】

目次

  • はじめに
  • 第一章 「頭のよい子」たちはこんな家で育ちました!
  • 第二章 「頭のよい子が育つ家」とは、こんな家だ!
  • 第三章 あなたの家をすぐに「頭のよい子が育つ家」に変える10ヶ条
  • 第四章 建築学から考えた「頭のよい子が育つ家」の秘密
  • おわりに

著者は

著者の四十万靖氏はスペース・オブ・ファイブという企業の代表だ。

【公式】頭のよい子が育つ家 |スペース・オブ・ファイブ株式会社|シリーズ五感の家として「住まい方」を提案する企業

親子のコミュニケーションをキーとした「住まい方」の提案である「頭のよい子」シリーズの第1弾、「頭のよい子が育つ家」のご紹介です。

スペース・オブ・ファイブという企業は、子供の教育学習環境を研究・調査しており、その結果から実際に住宅に活かせないか提案を行っている。

スペース・オブ・ファイブが親にとったアンケートがある。

Q1 「お子さんに子ども部屋を与えるとしたら、おうちの中のどんな場所がよいと思いますか?」

Q2 「お子さんにとって子ども部屋とは何をするところですか?」

回答は、

A1 「2階の南側陽あたりの良い場所」

A2 「子ども部屋=勉強部屋」

こういった回答が大半を占めたという。まあ、そうなるかなといったところ。

だが、スペース・オブ・ファイブが有名中学校に合格した家庭の学習環境を調査した結果

調査結果

「宿題はリビングの卓球台でやる」

「子ども部屋がお茶の間になっている」

「自家製“移動式机”で家中どこででも勉強する」

「子ども部屋のドアはいつも開けっ放し」

「勉強道具を始めベッドまでもリビングに持ち込む」

といった、アンケートとは間逆の結果が出たという。

「頭のよい子が育つ家」に変える10ヶ条

上記の結果から導き出されたのが以下の10ヶ条だ。

  1. 子ども部屋を孤立させないようにしよう
  2. 家中を勉強スペースにしよう
  3. おうちの中で、引越ししてみよう
  4. 子どもと家族の記憶に残る空間を演出しよう
  5. お母さんのスペースを贅沢にしよう
  6. 親父の背中を見せる工夫をしよう
  7. おもてなし空間を意識しよう
  8. 五感で感じられる空間にしよう
  9. 「書く」コミュニケーションを実現しよう
  10. ギャラリー空間を設けよう

要するに「頭のよい子が育つ家」とは、「子供が親兄弟とコミュニケーションが自然に取れる」だったり、「勉強場所を自由に選択できるノマド型」だったり、「子供の発想を阻害しない」家という事だ。

よく考えてみると僕自身も、本を読むときは「ベッドで寝転びながら読む」「ソファで読む」「机で読む」「トイレで読む」といった、その時の気分や体の調子をみて、読みやすいで場所を選んでいる。子供だけには1箇所でというのも酷だろう。

この本にも書かれているが、「頭のよい子」とはただ単に「勉強が出来る子」「暗記が出来る子」ではなく、「生き抜く力がある子」で、それが結果的に「学力が上げられる子」だと言う事。最近では、特に暗記だけが出来る子が多いように感じる。その為、想定外の事象が発生した場合、対応できなくなってしまう。「生き抜く力」を醸成するのは本当に重要だと思う。

著者は住宅を提案する側、住宅を売りたい側なので、多少のバイアスがかかっている事を考慮に入れる必要があるが、それでも人間の知的な成長の点で見ると納得できる部分は多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です